ユニバーサルデザイン

 

 

 

 

 

 

 

家づくりに大切なユニバーサルデザイン
子供、お年寄り、障害者、どんな人でも皆が不自由無く快適に過ごせる空間にすることが必要です。

 

手摺はその代表例。
階段・玄関・トイレ・お風呂等、段差があって危険な箇所や滑りやすい箇所にあると便利です。

先日も「手摺を取り付けたいんだけど、こんな仕事だけでも頼めますか?」と相談を受けました。
もちろんOKです。

年齢を重ねるにつれて、今まで何とも思わなかった家のつくりが気になってくるのはよくあること。
「家の中の段差を解消したい」
「ここに手摺があったらいいのに」
「ドアを引戸に変えたい」
「通路や出入り口の幅を広げたい」
などなど・・・
転倒など事故が起きてからでは遅いです。
家庭内事故を防ぐために、お気軽にご相談ください。