国の補助金活用で「得」リフォームしませんか?


スマートウェルネス住宅推進事業  
住宅の省エネ・断熱リフォームをすることで暖かい住空間をつくり、健康寿命を延ばし、国の医療費の削減につなげることとあわせて、省エネによる地球温暖化防止にも寄与する取組みです。  

 

対象工事の2分の1を補助!

健康調査を伴う断熱リフォームで最大120万円の補助が受けられます!

 

これは、国土交通省から、スマートウェルネス住宅推進事業を委託された団体「みえ健康・省エネ住宅推進協議会」のみが活用できる特別な補助金です。

 当社は「みえ健康・省エネ住宅推進協議会」に所属し、スマートウェルネス住宅の普及に力を入れています。

補助金を受けたい方は当社までお問い合わせください。

 

 

 

 

健康調査にご協力いただける方募集中!


健康で長生きするためには、生活習慣病の予防だけでなく、住まいの温度環境を適切に保つ習慣も大切です。

既存住宅のリフォーム(特に断熱改修)による住環境の改善が、疾病予防・介護予防等に効果があることを明らかにするため、改修前後の居住者の健康調査を実施しています。

ただいま健康調査にご協力いただける方を募集しています。

 

健康調査を伴う省エネ・断熱リフォームをすることで、最大120万円の補助が受けられます。

 

【募集条件】

・概ね10年以上今の住居にお住いのご家族。

 同一世帯で調査の承諾が得られる方2名程度

 ・20歳以上で以下の調査項目にご協力いただける方。

 

【調査項目】

①特定健康診査等の受診データ

②温湿度(居間・寝室・脱衣室)

③家庭血圧(就寝前、起床直後)

④身体活動量

⑤居住者向けアンケート

 

【補助額】

・補助率対象工事額の2分の1

・補助額上限100万円/戸

  (省エネ改修とあわせて行うバリアフリー工事がある場合は上限120万円/戸)

 

【補助要件】

・日常生活に必要な住生活空間における省エネルギー改修工事を行い、一定基準以上の省エネルギー性能とすること。

・改修前後の健康調査への協力

 

詳しくは当社までお問い合わせください。

 

 

 

スマートウェルネス住宅推進事業の流れ


①健康・室温調査の実施  

 補助金申請 

 約1~1.5ヶ月 

 

リフォーム実施前に健康調査を受けていただきます。

健康調査期間は2週間です。

②工事契約

 工事期間 2017年12月~2018年2月 / 2018年6月~2018年12月

 

健康調査実施後、お客様とのご契約です。

ご希望の施工日時・日程など打合せの上、工事着工となります。

 

有資格者のベテランスタッフが、責任を持って施工を担当させていただきます。

③健康・室温調査の実施

 補助金完了報告

 約1ヶ月

 

④補助金入金